宝塚栄光教会 HOME アクセス お問合せ

礼拝へようこそ

集会案内
礼拝
教会学校
聖書の学びと祈り会
はじめての方には
教会からのお知らせ
チャーチニュース
教会員に聞いてみました。
キリスト教 Q&A
礼拝へようこそ
岩間牧師の紹介
24時間希望のダイヤル
セレモニー
教会のアルバム
一覧に戻る 前へ
2013.4.7 礼拝メッセージ: 「我なり、恐るな」  マタイ14:22−33

イエスは山の上でパンの奇跡をなさった(13-21節)、その直後、群衆を解散させられた。二つの目的があった。

 

1.ひとり山で祈るためだ。神の栄光が現された。群衆は感激し、イエスを王にしようとした(ヨハ6:15)。それはイエスへの信仰ではなく、へつらいだった。イエスはそれに乗せられて、得意そうに王にはなることはなかった。イエスは神の前にひとり出るために山に登られた。イエスの居場所は、いつも神の前だった。人の前で奉仕していても、誉められても、けなされても、いつも神の前におられた。

 

2.弟子たちを訓練するためだ。イエスは彼らの信仰を訓練しようとされた。神を信じるとはどういうことかを、彼らだけで湖を渡らせる方法で教えようとされた。たとえ嵐の中でも、神を信じて進んでいくのが信仰だ。

 

しかし、実際は彼らに信仰なきことが明確になった。湖上を歩いて船に近づかれるイエスを、彼らは恐れて“幽霊だ”と思った。目先の困難に信仰の目が閉ざされ、イエスだと判別できなかったのだ。けれどもイエスは嘆かず、叱らず、「しっかりしなさい。わたしだ…」と言われた(27節)。

 

臨在の主だ。他の誰でもない、お前を愛し、お前のために血を流し、いのちを献げて贖った私が共にいるではないか、とイエスは語られる。十字架の血をもって救ってくださった贖い主が我らと共におられるのだ。

 

逆風の中で悩む我らに、臨在の主は近づかれる。私と共におられて正しく導いてくださるイエス、さらには私の内にまで住み込んで私のすべてとなってくださるイエス、これが我らのイエスだ。

 

ペテロはイエスに願い出て許され、波の上を歩いてイエスに近づいた。ところが途中でイエスから目を逸らせ、溺れかけた。そんな彼を、イエスは「信仰の薄い人だな…」(31節)と嘆かれた。彼は、自分には信仰があると思っていたが、実はなかったことが暴露された。信仰が薄いどころか、全く無いのだ。すぐに目を逸らせて周囲を見てしまう。イエスから目を離してはいけない(ヘブ12:2)。イエスから目を離すのは傲慢だ。傲慢の塊のような自分の真相を知り、自分に対して絶望して十字架につけるならば、イエスが内に臨んでくださり、内から「しっかりしなさい。わたしだ…」と励ましてくださる。

 

逆風は吹く。困難はある。しかし、イエスが内に在すゆえ、動かされず、恐れない(詩16:8、詩27:1、ロマ8:31)。常勝不敗だ。これは自信のあるなしではなく、イエスが内に在すとの信仰のゆえに、いつでもイエスを仰ぐことができる。信仰による確信だ。

 

弟子たちは、「確かにあなたは神の子です」(33節)と言った。我らが内住のキリストをいただき、絶えずこの恵みに生きていれば、我らは神の子どもと認められ、キリストの香りを放つ主の証人になる。

 

イエスは我らにそうなってほしいと願っておられる。この恵みを全ての贖われた者に与えたいと願っておられる。渇きをもって真剣に求めよう。激しい嵐の中で、すぐに恐れ、動揺する者ではなく、どっしりと動かない平安を内に持った者になりたい。さらに、主の贖いの恵みを告げ知らせていく者になりたい。

 

 

 

動画を見たい方はこちらから

PAGE TOP
Copyright(C)2007 宝塚栄光教会. All Rights Reserved.
〒665-0021 兵庫県宝塚市中州1-15-9
TEL:0797-73-6076 FAX:0797-73-6075