宝塚栄光教会 HOME アクセス お問合せ

礼拝へようこそ

集会案内
礼拝
教会学校
聖書の学びと祈り会
はじめての方には
教会からのお知らせ
チャーチニュース
教会員に聞いてみました。
キリスト教 Q&A
礼拝へようこそ
岩間牧師の紹介
24時間希望のダイヤル
セレモニー
教会のアルバム
一覧に戻る 前へ 次へ
2013.4.14 礼拝メッセージ: 「死は勝利にのまれた」  1コリント15:50−58

58節は、励ましと慰めに満ちたみ言葉だ。これは、死人のよみがえりの論述の中で語られた。

 

コリント教会が抱える様々な問題の中に、復活の問題があった。キリストの復活と終末の死人の復活の問題だ。復活の問題は奥義だ(51節)。その奥義とは何か。

 

我らは、終わりのラッパの響きと共に、一瞬にして朽ちない姿に変えられる。我らの肉体は、朽ち果てるものだ。病み、傷つき、機能が衰え、障害が生じる。それが、主と同じ栄光の姿に変えられるのだ。それが栄光の朝の希望だ。

 

「死は勝利にのまれた…」(54節)とは、人間最後の敵である死に対する勝利の宣言だ。キリストの復活によって死のとげは抜き去られた(57節)。キリストは眠った者の初穂として復活された(20節)。我らもキリストに続く者になれる。これが栄化の望みだ。

 

ただし、条件がある。パウロは、「血肉のからだは神の国を相続できません…」(50節)と述べる。今のこの肉体のままでは神の国に入ることが出来ない、というだけではない。我らの魂のことを言っている。救われた魂が神の国を継ぐことができる。

 

救いとは、罪からの救いだ。神のかたちに創造された我ら人間は、罪を犯して神から離れた。その結果、我らは滅びなければならない者となった。しかし、憐れみ深い神は、我らが滅びるのを見るに忍びないと思われ、御子キリストを遣わされた。罪なき神の御子キリストは、十字架にかかって神から捨てられた。罪のため神から捨てられるはずの我らの身代わりとなられたのだ。

 

このキリストを信じる者は、誰でも罪が赦され、救われる。キリストは三日目に墓から復活された。このキリストを信じる者に、永遠のいのち、天国の希望が与えられる。これが救いの始まりだ。

 

キリストは、世の終わりに再臨される。救われた者を神の御国に迎えるためだ。その時、我らは一瞬のうちに、主と同じ栄光の姿に変えられる。これは信じる者にとって最大の希望だ。

 

その時「死は勝利にのまれた」(54節)のみ言葉が実現する。キリストは、復活して既に死に勝たれた。我らがその主と同じ姿に変えられるとき、み言葉が我らの上に完全に実現するのだ。

 

だから、主のわざに励むことができる(58節)。主のわざとは、神の御心に沿った歩みだ。「わが神。私はみこころを行うことを喜びとします…」(詩40:8)とは、キリストの生き方だが、我らもそのように生きることができる。栄光の希望があるからだ。

 

我らの労苦は無駄にならない(58節)。主から賜る報いがある。主は我らのわざを覚えていてくださる。だから「堅く立って、動かされることなく…」(同)歩んでいくことができる。キリストの救いをいただき、いつも主を信じる信仰に堅く立ち、主のわざに熱心な者にならせていただこう。

 

動画を見たい方はこちらから

 

PAGE TOP
Copyright(C)2007 宝塚栄光教会. All Rights Reserved.
〒665-0021 兵庫県宝塚市中州1-15-9
TEL:0797-73-6076 FAX:0797-73-6075