宝塚栄光教会 HOME アクセス お問合せ

礼拝へようこそ

集会案内
礼拝
教会学校
聖書の学びと祈り会
はじめての方には
教会からのお知らせ
チャーチニュース
教会員に聞いてみました。
キリスト教 Q&A
礼拝へようこそ
岩間牧師の紹介
24時間希望のダイヤル
セレモニー
教会のアルバム
一覧に戻る 前へ 次へ
2013.5.5 礼拝メッセージ: 「聞き従う魂」  1サムエル15:1−35

神はイスラエルの民を真実をもって愛し、憐れみをもって導かれた(エレ31:3)。神ご自身が直接治められた。しかし民は次第に不満をいだき、サムエルに王を求めた(8章)。彼は反対したが、主が許され、最初の王が立てられた。それがサウルだ。

 

サウルは容姿端麗、頭脳明晰で、王たるに十分な資格を有していた。ロバを探し求めてきた時、サムエルと出会い、油を注がれた(10章)。それ以来、彼に新しい心が与えられ、神の霊の激しい迫りを受けた。王位に着くための正当的・公正な手続きであるくじが引かれ、サウルが当ったとき、彼は荷物の間に隠れたほど、謙遜な人だった。彼は30才で王位に着き、主より祝福を受けた。

 

イスラエルの王政は順調に出発した。しかし、王はすぐに躓いた。第一の躓きはサムエルを待てないことだった(13:5-14)。敵ペリシテ軍の優勢の前に、イスラエルは風前の灯火だった。サウルはサムエルから7日後に帰ってくると約束を得ていたが、一向に姿を現さない。敵は迫り、部下は離脱する中で、ついに待ち切れなくなったサウルは、自ら全焼のいけにえを捧げた。これは越権行為だった。サムエルは7日目の夕刻に来た。それを王は待てなかった。これは神への不信頼に他ならなかった(13:14)。

 

第二の躓きが本章に記されている。それは御言葉に従わないことだった。主の命令は、アマレク人を聖絶することだった(2,3節)。ところがサウルはアマレクの王アガグを許し、良きものを残した(9節)。彼にも、神に献げるつもりだったという言い分はあった(15,20,21節)。しかし、明らかに御言葉への不従順だった。

 

彼は、戦勝記念碑を建てた(12節)。自分の名声は残したいが、恥は他になすり付けようとした(15節)。肉の性質だ。彼は、主の御言葉に従ったと主張するが(13,20節)、実は従っていなかった。90%従ったとしても、100%ではなかった。主が求め給うは全き従順だ。

 

神への信頼と御言葉への従順こそ、クリスチャン生活の基本だ。これなしに神の恵みはない。知識、功績、年数、役職歴の有無ではなく、神への信頼と御言葉への従順が今あるかどうかだ。聞き従うことがいかに大切か(22節)。神の喜び給うは、どんな立派ないけにえよりも、御言葉に聞き従う魂だ。逆に聞き従わないことが、いかに主を悲しませるか(23節)。

 

主の命はアマレク人をみな滅ぼすことだった。アマレク人とは内なる自我だ。少しでも残すと、あとで何かにつけて神の民を惑わし、邪魔をする。自我は自力では滅ぼせない。キリストの十字架の血によってのみ可能だ。従えない己を十字架につけ、どこまでも従われたキリストが内住し給うという恵みによって、いつでも、どんな事でも喜んで御心に従う者になる。

 

恵みをいただきたいなら、柔らかい砕かれた心で聞き従おうとする(詩51:17)。神は、砕かれた、悔いた心で求める魂を喜び給う。

 

主は、サウルを王としたことを悔いられた(35節)。神の失敗ではない。主は初めから彼の弱さをご存じだったが、それでも敢えて信用して彼を立て給うた。しかし彼は、不従順をもってしか応えられなかった。

 

主は、我らを贖ったことを悔いられない。十字架の贖いは神の真実だ。けれども、我らが傲慢になるなら、主は悲しまれる。主を悲しませることがあったえはならない。主に喜ばれる魂になりたい。

 

動画を見たい方はこちらから

PAGE TOP
Copyright(C)2007 宝塚栄光教会. All Rights Reserved.
〒665-0021 兵庫県宝塚市中州1-15-9
TEL:0797-73-6076 FAX:0797-73-6075