宝塚栄光教会 HOME アクセス お問合せ

礼拝へようこそ

集会案内
礼拝
教会学校
聖書の学びと祈り会
はじめての方には
教会からのお知らせ
チャーチニュース
教会員に聞いてみました。
キリスト教 Q&A
礼拝へようこそ
岩間牧師の紹介
24時間希望のダイヤル
セレモニー
教会のアルバム
一覧に戻る 前へ 次へ
2013.5.26 礼拝メッセージ: 「イエスの名によりて歩め」  使徒3:1−10

イエスは十字架にかかって死なれ、復活され、昇天して弟子たちから離れられた。その代わりに聖霊が来られた。それ以来、聖霊は初代教会に働かれ、すばらしい神の御業を現された。

 

その最初の御業が美しの門での出来事だ。生まれながら足の不自由な人の癒しが行われた。

 

ユダヤ人は一日に三度の祈りの時を持ったが、その祈りの時が、神が御業をなし給う時となった。祈りなしに神は御業をなし給わない。

 

生まれながら足の不自由なその人は、社会から捨てられ、自分でも生きる目的を持たないまま、暗黒の人生を送っていた。歩くことも働くことも、礼拝することもできなかった。彼は神殿の入り口に置かれていたが、神殿の中には入れず、神に近づくことができなかった。すぐ近くにおられる神に一歩も近づけないのだ。これは罪を犯していた我らの姿だ。

 

そこへペテロとヨハネが通りかかった。彼は毎日ペテロたちを見ており、恵みを得る機会はあったのに求めなかった。神はいつも我らを恵もうとされる。しかし、我らが求めなければ何も起こらない。

 

彼が求めたのはただ金銀だけだった。その日一日を暮らすことができればよいという浅い求めに過ぎなかった。彼は、これまでずっとそういう生き方をしてきたのだ。神の目的は、我らに全き贖いを与えることであるのに、我らは、不信仰のためにわずかの恵みしか求めないのではないか。

 

ペテロは「我らを見なさい」(4節)と言った。“我らに目を留めて離すな。視線を釘付けにせよ”という意味だ。彼に渇きが起こされた。彼は「何かもらえると思って」(5節)彼らを見た。するとペテロは「金銀は私にはない…」(6節)と言った。神が与えたいと願われる恵みは、金銀のようなこの世の御利益ではなく、もっと素晴らしい救い、十字架の血と聖霊による全き救い、罪の赦しと聖潔の恵みだ。

 

彼はイエス・キリストの名によって癒された。自分で真っ直に歩む者になったのだ。我らが肉に支配されたままの不確かな歩みを続けることを、神は喜ばれない。ナザレのイエスの名は、我らを立ち上がらせ、自分の足で歩む者にする。イエスの名とは聖霊だ。聖霊は我らを新しい歩みに導く。

 

彼は歩み出しただけではなく、踊り出した。神への感謝と賛美をささげずにはおれなかった。聖霊の恵みをいただいたら、すべての事を感謝することができる。
民衆は驚いた。彼が全く変わってしまったからだ。真に救われたら、他の人が驚き怪しむほど人間が変わる。また、真に潔められたら、周囲の人々がその変貌ぶりを認める。全く変わらず、世の人と同じだとするなら、その信仰は疑わしい。

 

我らを救い、潔める方は、我らのために死んでよみがえられたイエス以外にない。我らを立ち上がらせ、正しく歩ませるのは、十字架と復活の福音以外にない(4:12)。

 

「私にあるものをあげよう」と言いうる者になりたい。恵みを他に与えうる者になりたい。滅びゆく魂に救い主を示し、キリストの十字架による救いの恵みを与えていく者になりたい。

 

主のみわざを見させていただこう。ペンテコステ以来、今も注がれ続けている聖霊を求めよう。

 

動画を見たい方はこちらから

PAGE TOP
Copyright(C)2007 宝塚栄光教会. All Rights Reserved.
〒665-0021 兵庫県宝塚市中州1-15-9
TEL:0797-73-6076 FAX:0797-73-6075