宝塚栄光教会 HOME アクセス お問合せ

礼拝へようこそ

集会案内
礼拝
教会学校
聖書の学びと祈り会
はじめての方には
教会からのお知らせ
チャーチニュース
教会員に聞いてみました。
キリスト教 Q&A
礼拝へようこそ
岩間牧師の紹介
24時間希望のダイヤル
セレモニー
教会のアルバム
一覧に戻る 前へ 次へ
2013.7.7 礼拝メッセージ: 「代価を払って買い取られた恵み」 Tコリント6:12−20

コリント教会は、パウロの第二次伝道旅行において、厳しい宣教の中で誕生した教会だったが、町の堕落の影響を受けて、教会は様々な問題をはらみ、教会員は混乱していた。そういう彼らに、パウロはもう一度キリストの福音の深さを語る。

 

彼は「あなたがたは、代価を払って買い取られたのです…」(20節)と言う。我らも罪の奴隷状態(ヨハ8:34)から買い取られた者だ。買い取られるためには尊い代価が払われた(1ペテ1:18,19)。

 

罪なき神の御子キリストの血が流された。神と等しいキリストが、我らと同じ人となり、へりくだって我らの所に来られ、ただ父なる神の御心に従順に従って、自ら進んで十字架にかかられた。そのようにして流された血は、傷も汚れもない小羊のような尊い血だった。

 

我らは、父祖伝来の虚しい生き方の中に埋もれていた、価値なき者だった。虚しさの原因は、先祖から受け継いだ罪であり、そのままでは滅びる者だった。生まれながら御怒りを受けなければならない者であり(エペ2:3)、どこまでも神に背を向け、御心を踏みにじる傲慢不遜な者だった。

 

しかし神は、そんな我らのために、御子イエスの血という最高の代価を払われた。我らが贖われるためには、それだけの犠牲が必要だったのだ。神は、悔い改めと信仰をもって御前に出る者に、赦罪と義認を与えられた。さらにイエスの血は、罪からの救いのみか、汚れからの聖潔まで与える。

 

「あなたがたのからだは、あなたがたのうちに住まれる…」(19節)とあるが、本書の受取人であるコリント教会の者たちは、汚れた生活を送っていた。肉の働きの中にある者は、神の国を相続できない(9節)。神は侮られる御方ではない。神は罪や汚れに目をつぶることはされない。救われてもなお神に逆らい、自分中心であり、思い通りにならないと我慢できないような者、自分の都合の良いようにしか信じ従わない、いや実は全く信じても従ってもいないという者…。これでは聖霊の宮とは言えない。

 

しかし、そんな我らにも尊いキリストの血の恵みは届く。血潮は、神に喜ばれない全ての汚れを潔め、傷なく汚れなき者として御前に立たせる。自我をキリストと共に十字架につけ、信仰によってキリストの内住をいただいた者が、初めて聖霊の宮となる。

 

我らをそこまでするために、神は尊い代価を払われた。それは、我らが神の栄光を現すためだ。つまり、@神の御心に従って歩む。生活の中で、小事に至るまで御心にのみ従うのだ。イエスが徹底的に父の御心に従われたように(ヨハ5:19)、我らもその主のごとく歩むのだ。

 

A主を現していく。御心に従って歩む我らを、世の人は見る。我らを通してキリストの姿を見るのだ。生き方そのものをもって主を現していくのだ。肉のままでは現せない。だから聖霊の宮とされなければならないのだ。

 

我らのごとき者が、主の栄光を現せるとは!ここに贖いの深さがある。パウロは「生きるにも死ぬにも私の身によって、キリストがあがめられること」(ピリ1:20)が自分の願いだと言った。我らもこれを切実な願いにさせていただこう。

 

 

動画を見たい方はこちらから

PAGE TOP
Copyright(C)2007 宝塚栄光教会. All Rights Reserved.
〒665-0021 兵庫県宝塚市中州1-15-9
TEL:0797-73-6076 FAX:0797-73-6075