宝塚栄光教会 HOME アクセス お問合せ

希望のダイヤル

集会案内
礼拝
教会学校
聖書の学びと祈り会
はじめての方には
教会からのお知らせ
チャーチニュース
教会員に聞いてみました。
キリスト教 Q&A
礼拝へようこそ
岩間牧師の紹介
24時間希望のダイヤル
セレモニー
教会のアルバム
一覧に戻る 前へ 次へ
2013.7.13 希望のダイヤル: 心の貧しい者

マタイ5:3

 

こんにちは。お元気でいらっしゃいますか。

 

聖書を初めてお読みになる方は、たいていマタイの福音書から始められるでしょう。そして、おそらく、最初に出会う感動的な御言葉は、これだと思います。「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。」マタイの福音書5章3節の御言葉です。

 

感動的ですが、不思議な御言葉です。私も、まだ教会にも行っていない頃、この御言葉に出くわした時、驚きました。私は両親が教師の家庭に生まれ、親から口癖のように“心の豊かな人になりなさい”と言われて育ちました。それなのに、キリストは、全く逆のような事を言われるのです。

 

後で分かったのですが、聖書の言う「心の貧しさ」とは、“貧困、貧弱”という意味ではありません。聖書の言う「心の貧しさ」とは、心の謙った状態のこと、謙遜な心のことです。謙遜の反対は何でしょう。傲慢ですね。おごり高ぶって、“自分はこれでいいのだ、どこも悪くない”と思っている人は、およそ天国から遠いのです。自分がいかに駄目な人間か、いかに罪深い者かが分かって、“このままでは駄目です”と謙って求めていく人こそ、天国に近いのです。

 

キリストは、マタイの福音書9章12節で、「医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。」と言われました。自分の罪を認め、悔い改めて主の前に出ようとする魂を、キリストは十字架の贖いで救ってくださるのです。

 

神様は、心の低い、砕かれた魂を喜んでくださいます。私たちはどうでしょうか。知らないうちに傲慢になってはいないでしょうか。その高ぶった心こそ、神様に対する罪です。その罪のために、キリストは十字架にかかってくださったのです。

 

罪を悔い改めて、キリストの十字架を信じれば、すべての罪が赦されます。そして、謙った者、心の貧しい者にされ、神様に愛される者にしていただくことができます。あなたも、そういう者にされたいと思われませんか。

 

教会では、7月28日(日)午後4時より、ゴスペルコンサートを開きます。地域の3つのゴスペルクワイヤーによるジョイントコンサートです。入場無料です。どなたでもご参加ください。お待ちしています。

PAGE TOP
Copyright(C)2007 宝塚栄光教会. All Rights Reserved.
〒665-0021 兵庫県宝塚市中州1-15-9
TEL:0797-73-6076 FAX:0797-73-6075