宝塚栄光教会 HOME アクセス お問合せ

希望のダイヤル

集会案内
礼拝
教会学校
聖書の学びと祈り会
はじめての方には
教会からのお知らせ
チャーチニュース
教会員に聞いてみました。
キリスト教 Q&A
礼拝へようこそ
岩間牧師の紹介
24時間希望のダイヤル
セレモニー
教会のアルバム
一覧に戻る 前へ 次へ
2013.8.10 希望のダイヤル: 永遠の愛

エレミヤ31:3

 

こんにちは。お元気でいらっしゃいますか。

 

私たちが好む言葉の一つに、「愛」という言葉があります。子どもの名前にもよく使われますね。しかし、本当の愛とはどういうものかが、案外知られていないように思います。わが子を虐待する親、親に暴力を振るう子ども、簡単に離婚してしまう夫婦…など、私たちのまわりで日常茶飯事のように起こってくる問題が、そのことを端的に現しています。

 

人間が本来もっている愛は、限りあるものです。“これ以上無理”という限界があります。また、人間の愛は変質します。憎しみに変わったり、薄れてしまったりします。けれども、限界もなく変質もしない、本物の愛があります。それは、神様の愛です。旧約聖書のエレミヤ書31章3節に、こう記されています。「永遠の愛をもって、わたしはあなたを愛した。それゆえ、わたしはあなたに、誠実を尽くし続けた。」

 

神様が私たちに注いでいてくださる愛は、永遠です。限りがありません。無制限なのです。これには、時間的な意味と程度においてと二通りの意味があるように思います。まず神様は、私たちをいつまでも愛してくださいます。若いときだけ、とか、元気なときだけ、とかではなく、いつでも、私たちがどんな状態でも、神様は私たちを愛してくださるのです。

 

また、神様は私たちをとことん愛してくださいます。弱くて、つまずきやすい私たちを、神様は決してあきらめたり、見限ったりはされません。人間の愛は、見返りを求めるものです。愛せども愛せども、何の応答もないばかりか、かえって反抗ばかり…となれば、愛は必ず冷えていきます。しかし、神様の愛は、いっこうに神様を信じようとしなかった私たち、それどころか逆らってばかりいた私たちに注がれ、強情な私たちを、それでも愛して、愛し抜いて、とうとうその独り子イエス・キリストを、私たちのために十字架におつけになりました。これほどの愛がどこにあるでしょうか。

 

この限りない愛を、私たちは素直に受けとめたいと思います。神様の愛は真実です。偽りやごまかしがありません。この無制限で真実な神様の愛をいただき、キリストの十字架による救いの恵みをいただいたなら、私たちもまた、他の人々に対して、真実な愛を向けていくことができるのです。

 

教会では、8月25日(日)午後2時より、シンガーソングライターの森繁 昇さんをお招きして、サマーコンサートを開きます。入場無料です。どなたでもご参加ください。お待ちしています。

PAGE TOP
Copyright(C)2007 宝塚栄光教会. All Rights Reserved.
〒665-0021 兵庫県宝塚市中州1-15-9
TEL:0797-73-6076 FAX:0797-73-6075