宝塚栄光教会 HOME アクセス お問合せ

礼拝へようこそ

集会案内
礼拝
教会学校
聖書の学びと祈り会
はじめての方には
教会からのお知らせ
チャーチニュース
教会員に聞いてみました。
キリスト教 Q&A
礼拝へようこそ
岩間牧師の紹介
24時間希望のダイヤル
セレモニー
教会のアルバム
一覧に戻る 前へ 次へ
2013.8.18 礼拝メッセージ: 「信仰による勝利」  Tヨハネ5:1−12

福音が私たちに与えるものは、光(救い)、愛、いのちだ。罪を犯して神との交わりを失った私たちを、神はもう一度回復しようとされた。そのために必要なものが光、愛、いのちだ。

 

生きているものには、いのちがある。しかし、本当のいのちがあるか、真に生きているか、と探られる。真のいのちに溢れた者とは、世に勝つ者だ(5節)。真のいのちとは、神から与えられた永遠のいのちだ。世に勝たなければ真のいのちを持つとは言えない。

 

世に勝つ者とはどういう者か。

@新生した者だ(1節)。「神によって生まれた」すなわち、新しい誕生を経て、新しいいのち(ヨハ3:3)、永遠のいのち(13節)を与えられた者だ。認罪-悔い改め-十字架信仰の手順を踏んで、赦罪-義認-神との和解-新生の救いが与えられる。認罪と悔い改めが土台だ(1:9)。ここが不徹底では新生はない。悔い改めたら十字架を仰ぐのだ(1:7)。

 

A証しのある者だ(10節)。明白な義認の証しが内にある。御霊が証しし給う。そして、外にもはっきりと分かる。祈りに、み言葉を聞く姿勢に、表情に変化が認められる。その変化は、教会だけではなく、家庭にも現れる。

 

B信仰の祈りをささげる者だ(15節)。滅びゆく魂のために執り成したい。「祈りて…いのちを与うべし」(16節元訳)。主は信仰に立った祈りを必ず聞き給う(ヤコ5:16)。

 

4節後半は、文語訳で「世に勝つ勝利は我らの信仰なり」とある。この勝利は、罪と世に対する勝利、そしてサタンヘの勝利だ。

 

イエスを神の御子と信じる者こそ勝利者だ。しかし現実は、勝ったり負けたりの情けない歩みだと認めざるを得ない。それは、新生しても肉のままだからだ。肉の行いは明白だ(ガラ5:19-21)。これでは勝利はないし、神の御国を相続することもできない。

 

キリストの血潮はこれに解決を与えた。自我の醜さを認め、これを十字架につけて始末をし、キリスト内住の恵みをいただくなら、内に御霊の実が結ばれる(ガラ5:22,23)。

 

この恵みによって、もはや罪を犯さない生涯を始めることができる(18節)。主への愛のゆえに罪を犯すことができないのだ(1-3節)。これこそ勝利者だ。場所、時、状況のいかんにかかわらず、世に勝つことができる。こういう真のいのちに溢れた者になりたい。秘訣はただ一つ。イエスを神の子と信じることだ。このキリストに対する信仰こそ、世に勝たしめる勝利の力だ。

 

最後に、見逃せないものは、偶像礼拝への戒めだ(21節)。キリスト以外に信仰の対象を持たないことだ。キリスト以上に信じ愛するものはすべて偶像だ。神によって生まれた者の歩みが語られた後に、この戒めがあるということは、警戒していないと危険に落ちるということだ。

 

光、愛、いのち。これを得て、神に喜ばれる者になりたい。光の中を歩き、愛に満たされ、いのちに溢れたクリスチャンになりたい。砕かれた魂で主に近づこう。主は豊かに恵み給う。信仰によって勝利していこう。

 

動画を見たい方はこちらから

PAGE TOP
Copyright(C)2007 宝塚栄光教会. All Rights Reserved.
〒665-0021 兵庫県宝塚市中州1-15-9
TEL:0797-73-6076 FAX:0797-73-6075