宝塚栄光教会 HOME アクセス お問合せ

礼拝へようこそ

集会案内
礼拝
教会学校
聖書の学びと祈り会
はじめての方には
教会からのお知らせ
チャーチニュース
教会員に聞いてみました。
キリスト教 Q&A
礼拝へようこそ
岩間牧師の紹介
24時間希望のダイヤル
セレモニー
教会のアルバム
一覧に戻る 前へ 次へ
2013.10.20 礼拝メッセージ: 「神の栄光が満ちる幕屋」  出エジプト40:16−38

イスラエルの民は小羊の血によって贖われた。以来、民は過越の祭を厳守した。過越の意味は、彼らの心に深く刻印された。我らは過越を、つまり神の小羊の贖いをどう見るだろうか。

 

イスラエルの歴史に、従順と不従順を見る。パロは不従順だったため裁かれたが、モーセは従順に命令に従って杖をとった。イスラエルの民は度々不従順になり、主の心を傷めたが、モーセは従順に幕屋を造り完成した。

 

前章で幕屋の一つ一つが完成された。主がモーセに命じられた通りだったので、モーセは祝福した(39:43)。本章で幕屋設営が完了する。「正月の元日に」(2節口語訳)のことだ。出エジプトして丸一年が経過したことになる。民はシナイ山麓で、およそ一年をかけて幕屋造りに専念した。長いが、必要な時間だった。我らの幕屋が形造られるためには、時間が必要だ。即席では出来ない。

 

まずあかしの箱が設置された(3節)。そして机、燭台が(4節)、香の祭壇が(5節)、燔祭の祭壇が(6節)、洗盤が(7節)、庭が(8節)設営されていった。内から外へだ。内が大切なのだ。我らの内に箱が設置されているか。キリストが内にいますか。

 

クリスチャンとはキリストの十字架の恵みにあずかった者だ。赦罪と義認がはっきりした者だ。さらには、自我の磔殺とキリストの内住の恵みをいただいた者だ。これが標準であって、我らをこの標準に至らせるのが十字架だ。そしてこれが福音だ。

 

すべては主がモーセに命じられたとおりに設営されていった(16-33節)。内が整えられた魂は、従順になる。キリストの内住を得て従順でない魂はない。キリストが御旨に従順であられたのだから、我らも従順であるはずだ。

 

設営が完了した幕屋に神の栄光が満ちた(34-38節)。雲は主の臨在を表す(13:21,22)。すべて命じられた通りに設営された幕屋に、主の臨在、主の栄光が満ちた。モーセが奉仕出来ないほどの強い臨在だった。徹底的に従って整えられた魂には、必ず主が伴い給う。主が祝し給う。

 

イスラエルの民は、雲の動くままに行動した(36,37節)。雲が上れば、たとえ大嵐の中でも進み、雲が上らなければ、たとえ晴天続きでも留まった。神の御旨に従う神の民の美しい姿だ。そのまま我らの姿でもありたい。

 

民は「常に」(36,38節)そうした。従順が一時的であったり、調子が良い時だけ、気が向いた時だけであったりするのではなく、常時だった。我らもそういう魂にされたい。いつも変わらない姿勢で従いたい。肩肘張らず、気負いもなく、淡々と従いたい。主のように全き従順、100%の従順をもって歩む者でありたい。

 

我らの教会も、主の栄光が満ち溢れる教会でありたい。人間的な思惑や妬みや党派心が渦巻く所ではなく、我策肉策が横行する所でもなく、透徹した聖潔の信仰に貫かれた所でありたい。「聖意(みこころ)の成らんことを…」(ルカ22:42文)、「わが神よ、われ聖意に従う事を楽しむ…」(詩40:8文)と告白し、そのように生きる群れになりたい。群れだが十把ひとからげではない。一人の信仰からだ。あなたが恵みを求めていくこと、あなたが信仰に立つことから始まるのだ。

 

動画を見たい方はこちらから

PAGE TOP
Copyright(C)2007 宝塚栄光教会. All Rights Reserved.
〒665-0021 兵庫県宝塚市中州1-15-9
TEL:0797-73-6076 FAX:0797-73-6075