宝塚栄光教会 HOME アクセス お問合せ

礼拝へようこそ

集会案内
礼拝
教会学校
聖書の学びと祈り会
はじめての方には
教会からのお知らせ
チャーチニュース
教会員に聞いてみました。
キリスト教 Q&A
礼拝へようこそ
岩間牧師の紹介
24時間希望のダイヤル
セレモニー
教会のアルバム
一覧に戻る 前へ 次へ
2013.10.27 礼拝メッセージ: 「新契約に仕える者」  Uコリント3:1−18

パウロの使徒職には、当時疑いを持つ者もいたが、復活の主イエスから直接召しを受けた体験(使徒9:)を根拠に、彼は自らの使徒職を主張した。

 

彼は、前章で使徒の使命のすばらしさを語った(2:14,15)が、“自己推薦している”との非難が浴びせられた。そこで彼は、自己推薦も他人からの推薦も不要だと反論する(2.3節)。そして、コリント教会員が推薦状だと言う。彼らを見れば、彼らの内になされた神のみわざのすばらしさのゆえに、パウロが神に立てられた使徒とわかると言うのだ。

 

彼らの魂に働き給うた聖霊こそ、パウロの使徒たる働きの推薦状だ。それは、墨によってではなく生ける神の霊によって、石の板にではなく人の心の板に書かれたものだ。そこに書かれた内容は、どういう御業がなされたのかということだ。「神は私たちに、新しい契約に仕える者となる資格を下さいました」(6節)と言う。新しいと言う以上、古い契約があった。それは「石の板」に書かれた手紙、つまり、モーセの律法だ。

 

6-9節に、旧約と新約の性格が対比されている。文字に仕える者と霊に仕える者(6節)、人を殺す文字と人を生かす御霊(6節)、死の務め(7節)と御霊の務め(8節)、罪に定める務めと義とする務め(9節)だ。

 

旧契約と新契約の違い、すなわち律法とキリストご自身の違いがはっきりしている。律法は死の務めだ。当初は生かすものとして神から与えられたものだが、罪のために我らの心が弱く、律法を守れない。律法によっては罪の自覚が生じるだけで、結局我らは、滅びという罪からの報酬を受けることになった。生かすはずの律法が、裁き、罪を宣告し、殺すものになったのだ。

 

これに対して、キリストという新契約が現された。我らの罪のために、キリストが身代わりに十字架にかかり、神から捨てられて、罪のための贖いとなられた。我らに新しい契約を与えるためだ。

 

その契約とは、(1)我らに義認を与える契約だ。我らの罪を赦し、義を宣言し、我らを罪を犯す前の状態にまで回復する。そして、罪に死んでいた我らを生きる者にする(エペ2:5)。我らは律法の行いによらず、信仰によってこの恵みにあずかるのだ(ロマ3:24)。

 

(2)我らに聖潔を与える契約だ。キリストの血は、我らに過去の罪の清算だけでなく、現在の汚れからの聖潔まで与える。救われたのになお罪を犯す自分、どこまでも己がかわいい自我を十字架に付け、キリスト内住の恵みをいただいて、聖霊に導かれる生涯を始めることができる。これが「霊に仕える者」だ。ここまでするのが神の恵み、神の力だ。

 

この新契約は、旧約聖書にすでに預言されていた(エレ31:31-34)。神の御心がわが心の内にあり(詩40:8)、内住の主と共に神の御心を喜び、御心に従う者になる。そして、栄光の望みをいだいて進む者になる。栄光から栄光へと、キリストと同じ姿になるのだ(18節)。

 

我らは、このような新契約に仕える者にされている。我らを義とし、聖くすると約束し給う主に、信仰の応答をしたい。旧い契約に戻ってはならない。引き戻そうとする様々な力が働くが、イエスから目を離さないで、信仰に立って進もう。

 

動画を見たい方はこちらから

PAGE TOP
Copyright(C)2007 宝塚栄光教会. All Rights Reserved.
〒665-0021 兵庫県宝塚市中州1-15-9
TEL:0797-73-6076 FAX:0797-73-6075