宝塚栄光教会 HOME アクセス お問合せ

礼拝へようこそ

集会案内
礼拝
教会学校
聖書の学びと祈り会
はじめての方には
教会からのお知らせ
チャーチニュース
教会員に聞いてみました。
キリスト教 Q&A
礼拝へようこそ
岩間牧師の紹介
24時間希望のダイヤル
セレモニー
教会のアルバム
一覧に戻る 前へ 次へ
2013.12.1 礼拝メッセージ: 「やみに輝く大きな光」  イザヤ9:1−7

 イエスの降誕は、旧約聖書に預言されていた。当時のイスラエルは、政治的にも霊的にもどん底の状態で、どこにも希望がなく、神から全く見放されたかに見えた(8:21,22)。しかし、暗黒から光へ、絶望から希望へ変えられる預言が与えられた(1,2節)。これは我らにとっては、イエスによる救いの恵みの預言だ。


 我らはかつて「やみの中を歩んでいた民」「死の陰の地に住んでいた者」で、罪のため滅びの暗黒の中に死んでいた者だった(エペ2:1-3)。そのような我らに、神は豊かな憐れみと大いなる愛を示され(同4)、御子の血によって生きる者にしてくださった。この御子こそ「大きな光」(1節)だ。

 

 6節にキリストの4つの名が記されている。
 1.不思議な助言者 “Wonderful Counselor”(不思議な弁護者(英))とは、別の助け主、つまり聖霊の名だ(ヨハ14:16)。主イエスは、我らのために不思議を行って、サタンの訴えから弁護し給う。主は十字架の血潮で我らの罪を赦すばかりでなく、聖霊によって一切の汚れを潔め給う。これは不思議な贖いだ。キリスト降誕の目的はそこにある。


 2.力ある神 イエスは処女マリヤから誕生された。人間の目には非現実的なことだが、神には何でもできないことはない(ルカ1:37)。不可能を可能にし給う神、死人を生かし、無から有を呼び出し給う神だ(ロマ4:17口語)。この御方を信じるのが我らの信仰だ。望みえないときに望みを抱いて信じる者となりたい(同18)。


 3.永遠の父 神は我らを無限の愛で愛し、決して見捨て給わない(詩68:5)。忍耐をもって導き、ついに御国にまで至らせ給う永遠の父だ。


 4.平和の君 十字架の贖いは和解の福音だ。神は我らに和解の福音を委ね給うた(2コリ5:19)。真の平和は福音によらなければ得られない。我らは委ねられたこの和解の福音を伝えていきたい。

 

 このようなキリストが、罪のやみに輝く大きな光として我らに与えられている。罪と汚れの深いやみを抱き、滅びるばかりの我らを照らし、救いと聖潔の全き贖いを与えて、輝かしい勝利の生き方に変える大いなる光、これがキリストだ。神は、ご自身の熱心をもって、御子を赤ん坊として生まれさせ給うたのだ。キリストは、神の栄光を捨てて我らの所に来られ、十字架の死にまでも神の御心に従われた(ピリ2:6-8)。このキリストのへりくだりがあったからこそ、我らの救いがあるのだ。

 

 やみに輝く大きな光の前に出て行こう。主は、我らの内に全き救いという不思議を為し給う。この主に期待しよう。アドベントはまず自らの魂の備えをするときだ。主を内に迎えるために、魂が整えられる時にしたい。

 

動画を見たい方はこちらから

PAGE TOP
Copyright(C)2007 宝塚栄光教会. All Rights Reserved.
〒665-0021 兵庫県宝塚市中州1-15-9
TEL:0797-73-6076 FAX:0797-73-6075