宝塚栄光教会 HOME アクセス お問合せ

礼拝へようこそ

集会案内
礼拝
教会学校
聖書の学びと祈り会
はじめての方には
教会からのお知らせ
チャーチニュース
教会員に聞いてみました。
キリスト教 Q&A
礼拝へようこそ
岩間牧師の紹介
24時間希望のダイヤル
セレモニー
教会のアルバム
一覧に戻る 前へ 次へ
2013.12.8 礼拝メッセージ: 「ひとり子を献げられた神の愛」  創世記22:1−19

 アドベントを迎えている。クリスマスの季節に似つかわしくないこの聖書の箇所だが、ここから、神がひとり子をこの世に遣わされたことに思いが至らせられる。


 アブラハムの生涯は試練の連続だったが、イサクが誕生し、悩みの種だったハガルとイシュマエルが追い出され、家庭は平和になって、幸福の絶頂に達したときに、最大の試練が訪れた。神が与えてくださった約束の子であり、最愛のひとり子であるイサクを、献げるよう神から命じられたのだ。


 アブラハムはとにかく従った。彼の服従は、@即座の服従だった。もちろん、父親としての苦悩がなかったはずはない。しかし、ぐずぐずせず、先延ばしにもせず、早朝に直ちに出発した。A信仰の服従だった。彼は、神がわが子をよみがえらせてくださるという復活の信仰に立った(5節、ヘブ11:17-19)。B大胆な服従だった。彼は本気でわが子にナイフを振り下ろそうとした(10節)。


 神は、彼が本気であるのを見て、主の使いに止めさせられた(11節)。そして、「あなたは、自分の子、自分のひとり子さえ惜しまないでわたしにささげた」(12節)と言われた。彼の従順は、神への最上の愛から出たものだったのだ。


 神が求められたのは、イサクのいのちではなく、アブラハムの意志だった。神を愛するにまさって、わが子を愛する自分がなかったか、神第一と言いながら、わが子への愛を優先させる己れがなかったかを、彼は鋭く探られた。神の要求は、イサクを愛する自分自身を献げることであり、それに応えて彼は己れを献げたのだ。


 神は我らにも「汝の愛する子即ちイサクを献ぐべし」と語られる。あなたのイサクとは何か。最も大切に握りしめているもの、手放したくないというものだ。アブラハムがイサクを献げたとき、神は雄羊を備えられた(13節)。握りしめていたものを手放すとき、涙の一つもこぼれるが、主は祝福して返し、豊かに備えてくださるのだ。


 モリヤの山は後のカルバリ山、やぶに角をひっかけた雄羊はイエスの予表だ。アブラハムは、旧約時代の人物ではあったが、ひとり子をも惜しまない神の御思いを知り、そして神がイサクを生きて帰らせてくださったことから、復活の奥義を知ったと言えよう。十字架と復活の福音の奥義は、わがイサクを献げる者に啓示されると言うことができる。


 わがイサクとは何かを、御前に出て探っていただこう。そして、示されたらすぐに従おう。従えない自分、従いたくない己れ…そんな自分の姿を徹底的に見せられるかもしれない。しかし、そこから十字架を見上げるのだ。なし給う主は、真実に従ってくる者に恵みを与えてくださる。


 神は我らを愛する余り、断腸の思いをもってひとり子を献げてくださった。我らを罪と滅びから救い、汚れから潔めるためだ。その愛によって贖われた我らは、自分のイサクを神に献げて従っていこう。クリスマスを前にして、ひとり子を献げられた神の愛に生きる者とならせていただこう。

 

 

動画を見たい方はこちらから

PAGE TOP
Copyright(C)2007 宝塚栄光教会. All Rights Reserved.
〒665-0021 兵庫県宝塚市中州1-15-9
TEL:0797-73-6076 FAX:0797-73-6075