宝塚栄光教会 HOME アクセス お問合せ

礼拝へようこそ

集会案内
礼拝
教会学校
聖書の学びと祈り会
はじめての方には
教会からのお知らせ
チャーチニュース
教会員に聞いてみました。
キリスト教 Q&A
礼拝へようこそ
岩間牧師の紹介
24時間希望のダイヤル
セレモニー
教会のアルバム
一覧に戻る 前へ 次へ
2014.3.9 礼拝メッセージ: 「神のわざが現れるため」  ヨハネ9:1−12,35−41

イエスとの出会いは、人の生き方に決定的な影響を及ぼす。この盲人もその一人だ。当時の社会情勢から、生まれながらの盲人だった彼には、物乞いがただ一つの生きる道だった。彼は、絶望的な暗黒の人生を余儀なくされていた。

 

そこヘイエスが通りかかられ、彼を見られた(1節)。イエスは我らを見てくださるお方だ。弟子たちの質問(2節)から、病や障害は罪と関係があるという、伝統的な通念があったことがわかる。それに対してイエスは、神のわざ(=救い)が現されるためだと言われた(3節)。神の御心は、我らを逃れられない宿命の中に閉じ込めることではなく、そこから解放し、自由にすることだ。

 

イエスはご自分を「世の光」と言われた(5節)。闇に閉ざされた者に真の光を与え給うお方だ。ご自分から近づき、救いを与えようとされるのがキリストだ。

 

イエスは唾(つば)で泥をこね、彼の目に塗って、シロアムへ行けと言われた。これがこの時の主の方法だった。神のわざが現されるためには、神の方法が必要だ。そのときは不可解でも、信じて従うことだ。彼は、されるままになり、言われるままにシロアムへ行って洗った。これが彼の信仰だった。シロアム(遣わされた者)へ行くこと、これこそ主の方法だった。

 

「遣わされた者」とはキリストのことだ。キリストは神と等しい御方であられたが、我らのために肉体をとって世に来られた。しかし我らは御子を十字架につけた。十字架はこの世の知恵では愚かにしか思えないのだ。けれども、これこそ神の方法だった。滅びゆく我らが救われるためには、罪なき神の子の血が流されなければならなかったのだ。

 

彼はそのまま信じたから救われた。盲目の闇から解放された。しかし、その後、パリサイ人らの尋問を受けた(13-34節)。イエスを救い主と認めない彼らは、執拗に彼を尋問した。迫害の中で彼の信仰は試され、確かなものになっていき、ついに彼はイエスをキリストと確信した(33節)。彼は会堂を追放され、全ての社会的権利が剥奪された。そのような彼をイエスは見つけ出された(35節)。社会からも両親からも捨てられ、より頼むべき人間的な拠り所を失った彼を、主のほうから探し出されたのだ。

 

彼は、人の子を信じるかとの問いに、「主よ。その方はどなたでしょうか…」(36節)と言った。キリストを信じたいとの渇きが起こされたのだ。より頼むものを全て失った自分には、キリストしかいないと思ったのだ。これは魂の開眼だった。

 

イエスは「見えない者が見えるように、見える者が盲目になるため」(39節)と言われた。見えなければならないのは、自分の姿とキリストの姿だ。我らは罪のため滅びゆく者だった。しかし、キリストは我らのために十字架にかかられた。我らは罪を悔い改め、十字架を信じれば、その信仰によって罪の赦しが与えられる。この救いをいただきたい。

 

「神のわざが…現れるため」。主はみわざをなそうとし給う。我らの魂の内に、開眼のみわざをなそうとし給う。砕けた心で一心に求め、柔らかい魂で信じよう。目の開かれた魂にしていただこう。

 

イエスは「だれも働くことのできない夜が来ます」(4節)と言われた。主が働かれる恵みの時代の終わる時が近づいている。恵みをいただくことを先に延ばしてはならない。今こそその時だ(Uコリ6:2)

 

動画を見たい方はこちらから

PAGE TOP
Copyright(C)2007 宝塚栄光教会. All Rights Reserved.
〒665-0021 兵庫県宝塚市中州1-15-9
TEL:0797-73-6076 FAX:0797-73-6075