宝塚栄光教会 HOME アクセス お問合せ

礼拝へようこそ

集会案内
礼拝
教会学校
聖書の学びと祈り会
はじめての方には
教会からのお知らせ
チャーチニュース
教会員に聞いてみました。
キリスト教 Q&A
礼拝へようこそ
岩間牧師の紹介
24時間希望のダイヤル
セレモニー
教会のアルバム
一覧に戻る 前へ 次へ
2014.4.20 礼拝メッセージ: 「心はうちに燃えていたではないか」  ルカ24:13−35  

イースターは、主の復活が我らにどれほど大きな希望をもたらしたかを思う時だ。

 

イエスが復活された日の夕方、二人の弟子たちがエマオに向かっていた。彼らは歩きながら、朝の出来事について論じ合っていた。そこへイエスが、一人の旅人のようにして彼らに加わられた。しかし彼らには、不信仰のため目がさえぎられて、主であることがわからなかった。彼らは、墓から帰った女たちの報告を「たわごと」(11節)としか思えなかった。不信仰は主の姿を見えなくする。

 

主は“何のことか、どんな事か”と尋ねられた。主があえて質問されたのは、彼らの信仰を見ようとされたのだ。彼らの反応は、@軽蔑だった。「あなただけが知らなかったのですか」(18節)という反問は傲慢に通じる。A不信仰だった。「力のある預言者でした」(19節)、「この方こそイスラエルを贖ってくださるはずだ、と望みをかけていました」(21節)、「また仲間の女たちが私たちを驚かせました」(22節)などの言葉から、イエスに対する彼らの認識の低さがうかがえる。彼らは結局イエスをその程度にしか見ていなかったのだ。

 

イエスは「ああ、愚かな人たち。…心の鈍い人たち」(25節)と嘆かれ、旧約聖書全体を諄々と解き明かされた。彼らは感動したが、まだイエスだとはわからない。

 

わかったのは、エマオ近くの宿での食卓で、パンを裂かれる姿を見たときだった(30,31節)。閉ざされていた彼らの目がようやく開かれ、懐かしいイエスの姿がわかった。ここに主の忍耐強い働きかけがあったのだ。

 

ペンテコステの日にペテロは、詩篇16篇8節から引用して、「私はいつも、自分の目の前に主を見ていた」(使徒2:25)と言った。見たから居てくださるのではない、居てくださるから見るのだ。これが信仰だ。

 

彼らは、「道々お話しになっている間も、聖書を説明してくださった間も…」(32節)と語り合った。聖書の御言葉が解き明かされる時、心が内に燃える。神の御言葉は、我らの心を燃やす。どのような炎で燃やすか。

 

@信仰の炎で燃やす。十字架と復活の福音に対する信仰だ。御言葉を聞かなければ、信仰の炎はない(ロマ10:17)。まず聞くことだ。それも、自分の魂に語られていると聞くのだ。自分の魂に当てはめて、謙虚に“自分はどうか”と問いつつ聞くのだ。

 

そして聞いたら信じるのだ。私を救い、潔め給う主を信じるのだ。すでに完成されている十字架の全き贖いを信じるのだ。信じようという熱い思いが与えられるはずだ。信仰の炎が燃やされるはずだ。

 

A愛の炎で燃やす。主を愛し、人を愛する愛だ。私をそこまで愛し給うた主の愛を知れば、私も主を愛したいと思う。冷たい心ではない、主への熱い愛が沸き起こってくる。我を愛し、わが為に己が身を献げ給いし主を、力の限り愛したいと思うはずだ。そして、そこから聖徒に対する、犠牲も惜しまない愛が与えられる。

 

「私たちの心は内に燃えていたではないか」という体験をしたい。信仰と愛の炎で燃やされたい。

 

復活の主は、再臨の主の予表でもある。再び来られる主を、信仰と愛をもって待ち望もう。

 

動画を見たい方はこちらから

PAGE TOP
Copyright(C)2007 宝塚栄光教会. All Rights Reserved.
〒665-0021 兵庫県宝塚市中州1-15-9
TEL:0797-73-6076 FAX:0797-73-6075